編集者の仕事 編集者になるには

編集者になるには

~人気職業・編集者の仕事に就いてみよう~

編集者の仕事

編集者の仕事内容・仕事の流れについての説明です。

出版物を企画・制作するのが編集者の仕事

編集者の仕事

編集者の仕事は雑誌や漫画など様々です。

編集者の仕事とは書籍・雑誌・マンガなど、
出版物を企画・制作することです。

一般的に編集者とは、出版社に勤務して書籍や雑誌を編集する人を指しています。
編集者の仕事は、これなら売れるだろうという企画を立て、その企画を実現させるために、誰にどんな仕事を依頼すればいいのか、予算がどれくらいかかるかを考えることから始まります。

そして、編集者は依頼した文章や写真などを確認して、印刷所に渡し、
またその企画が形になる際のデザインや宣伝用コピーのアイデアを練ったり、
商品ができ上がったら、それを売るための戦略も考えます。

このあたりの仕事内容は、作る本や雑誌の種類によって大きく変わってきます。

編集者の仕事は作家やライター、デザイナー、カメラマンなどをディレクションしながら、企画したものを具体化していきます。

編集者は仕事のために最新の情報を収集する能力・企画力のスキルも必要です。
また、作成に携わる人数が多いので、仕事の流れの中、企画内容の説明はもちろん、仕事を推し進めるコミュニケーションスキルの高さや情熱、体力も必要になってきます。

編集者の仕事は時間的に不規則です。
締め切り日の近くになると、何度も徹夜になることもあります。
編集者の仕事が好きな人なら苦にならないどころか、やりがいさえも感じるようです。